ミュンヘン

e0065571_231340.jpg
【あらすじ】
1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”によるイスラエル選手団襲撃事件が起こる。人質となった選手11名は全員死亡。これに激怒したイスラエル機密情報機関“モサド”は、秘密裏に暗殺チームを編成、首謀者11名の殺害を企てる。リーダーに任命されたアフナーは、仲間4人とともに殺害を実行していくが、次第に自分たちの任務に疑問を感じ始めていく。


最近深夜映画見る時間がまったくないのでたまには映画館で観た作品を紹介します.

スティーブン・スピルバーグの作品で,ユダヤ系である彼はこの映画は完璧にユダヤ視点であるのかと思いきや,そうでもなかった.途中でアラブの人がアラブの立場で中東問題を語るシーンがあったことだし.まぁでも一応ユダヤの立場に立ちながらも「報復が報復を呼ぶ戦いの嫌気」というものをテーマにしていたかと思う.

この映画は実際に有った事を、極めて冷徹に報復劇を描いている。とくに暗殺・殺人場面は奇麗事は無しで極めてリアル.なので残酷な描写が多く含まれているので苦手な方は注意しましょう!!

報復に継ぐ報復。戦うことに終わりはなく、追う側だった人間が今度は追われる側に立たされるその恐怖。主人公のアヴナーは,任務を受けてから殺しに慣れていく様子は,まるで罪の意識なんかない殺しに取り付かれた男のようだったし、最後自分のしている事の罪深さに気付いた時の彼はまるで死人のような顔に見えた。人間は何かのために戦わないといけない時はあると思うけど,彼のように悪魔に魂は売りたくない.報復をしてもまたその報復は自分に帰って,その恐怖に怯えながら暮らさなくてはならない.恐ろしい世界だ・・・.
結局国のために数々のテロを起こしてきたわけだが,国に帰っても勲章とか名誉といったものはまったくなく,そもそも政府からは存在もしない者と扱われる.そして,結局は自分の国からも狙われることに・・・,国のため,愛する家族のためにがんばったアヴナーは、いったいなんだったのか。

2時間半ぐらいの映画だったけど,話に引き込まれ,気付いたら最初から最後まで食い入るように観てた.とにかく観ることに価値のある映画だと思います.

ちなみに主演を演じたエリック・バナは実はお気に入りの俳優の一人.
「ブラックホークダウン」や「トロイ」などにも出演してる.なかなか渋いおっさんでカッコイイ.どうでもいいけど,インタビュー聞いててオーストラリア人の訛りってアメリカの南部らへんの訛りと似てるなぁ.
[PR]
by ogawak1234 | 2006-02-17 00:30
ザ・ネゴシエーター 交渉人 >>